TEC(テック)英会話の教育理念 「世界にはばたく国際人の育成」

TEC(テック)英会話では、
自信に満ちた英語でのコミュニケーションができ、
自分の目標を成し遂げるチャレンジ精神のある、
国際社会で活躍できる人材を育成したいと考えます。

 

間違ってもいい、どんどん表現していこう。

自分の人生を切り拓いていけるように・・・


将来性をふまえたTEC(テック)英会話 宝塚校の具体的な目標値

文部科学省によると、政府目標では平成29年度までに、卒業段階で高校生が英検準2級以上相当、中学生が英検3級以上相当の英語力を、それぞれ全体の5割が身に付けているように求めています。

2020年にはセンター試験の英語も激変します。

また、就職試験や社会人になっても、TOEICでも一定のレベルを求められ、英語でのミーティングやプレゼン力も問われます。

以前は英語も特技や武器になり得ましたが、これからは生きていく上で必要不可欠です。

思考力・判断力・表現力等を備え、情報や考えなどを積極的に発信し、英語で相手とのコミュケーションができなければならない時代になっています。 


・TEC(テック)英会話の教授法はナチュラルアプローチをメインに取り入れ、その他のメソッドの良いところも取り入れています。

・生徒に話すことを強制せず、のびのびと会話できるようにしています。

・幼稚園児の学習においては、全身反応法(TPR)を取り入れ、飛んだり跳ねたりしながら、話す前に聞く力をつけて、

 子供がお母さんから言葉を学習する過程のように、自然に英語の理解が進みます。

 将来にわたり、自然にフォニックスが定着して身に着く独特のカリキュラムです。